各種お問合せは|TEL.0494-53-1280 FAX.0494-24-9633|〒368-0046 埼玉県秩父市和泉町20番

花輪理事長の独り言

最近痛切に思うこと1 ~専門バカ~

今はどこでも医師不足。少し前、複数の大学病院でも麻酔医が不足し、手術が出来ないということを聞いた。また、小児外科がなくなり子供のヘルニアやアッペが出来なくなったという。「へーそうなの?」とびっくりしつつ、私にはどうしても理解はできない。今の若い先生方は、それは仕方がないと思うのだろうか。「最近の若い奴は」と言い出したら、年をとった証拠であることは分かっているが、やっぱりおかしい。以下、自分のストレス発散のために日頃から溜まっているもやもやを吐き出してみた。

大昔のテレビのコマーシャルにあったが、麻酔のできない外科医なんてクリープのないコーヒーのようなものと思うのである。小児外科の専門医でないと、子供の手術はできないの? やってはいけないの? 先天性疾患はともかく、私たちは普通にやっていたこと。

10分やそこらで終わる小児のヘルニアをあえて腹腔鏡下でやるのが進んでいると思っている。アッペも傷が臍に隠れ小さくきれいとのことで全身麻酔下の腹腔鏡手術。簡単なアッペなら人差し指が入れば虫垂切除は可能なのに、なんで面倒くさくするのでしょう。

こう言うと、最近の若い医者は、経験はなくても、知識だけはあるので、都合のよい文献を持ってきてすぐにEBMを口にし、ガイドラインを得意そうにのたまう。すこしは自分のふんどしでやれと言いたい。

アテロームの切除は形成外科の領域、植皮は形成がやるものと思っている。ヘモは肛門外科、マンマプロ―ベは乳腺外科。腰痛の訴えの患者は診察もしないで整形外科。尿管結石だって、動脈瘤だってあるのに。下腿静脈瘤は血管外科、ちょっとした指の切断はすぐに手の外科、労災外科も外傷外科も外科のうちなどという意識はもうとうない。

外傷で肝、腎、脾損傷なんていくらでもあるのに、肝縫合も腎摘も、脾摘もやったことはなく、それぞれの臓器別専門医の領域と思っていて、自分のテリトリーとは思っていない。そのくせ、すぐに塞栓術の適応だとかのたまう。じゃあすぐにできるのか、お前がやるのか。自分でやれれば立派だが、他力本願でしかない。現状認識に欠けるのも若気の至りか。急性腹症で開腹したら子宮外妊娠、卵巣嚢腫の頸捻転はいくらでもありうる。これは救急外科の範疇ですなんて、教わったことはないのでしょうか。外科医はあくまで広く外科医なのだと思うのです。

医療の進歩した現在において、専門医の存在は重要であることはいうまでもありません。専門外を診ることは訴訟が怖いと教えられていることも分かっています。しかし、その専門意識がただ自分の守備範囲を狭くしているだけだとしたら、お笑い話にしかなりません。特に地域医療の現場では全く役に立たない医者と言えるでしょう。一人の医師の守備範囲の縮小化は機能的医師不足の原因の一つでもあります。

 最後に、「専門バカ」という言葉があります。良い意味にも悪い意味にも使われます。私は常々「若さはバカさ、バカさは若さ」と思っています。これも両方の意味に使いますが、「若い医者」は可能性があり、良い意味ととらえたいと思っています。問題は指導者の「専門バカ」です。若くないバカは、もうどうしようもありません。何故なら、彼らがこれかれの医療を担う医師を作り上げて行くのですから。


新任医師紹介

3月より、埼玉医科大学病院の消化器一般外科より、前任の小島先生に代わって、医師6年目の守麻理子先生が着任しました。

4月1日より大野哲郎先生が着任します。大野先生は群馬大学医学部卒業で、医師13年目の正に新進気鋭の外科医です。専門は主に胃疾患(特に胃がん治療)で、内視鏡的手術も得意分野です。

これで、院長の花輪以下、外科医長の山田(医師16年目)、大野、守と4人の常勤外科医がそろい、当院外科スタッフは益々充実してきました。(医師紹介≫)

4月23日より芝崎保先生が着任します。芝崎先生は院長花輪の熊谷高校時代の同級生で、東北大学卒業で、今年4月退官するまで、私の母校である、日本医科大学の生理学・大学院教授を務めました。

当院では、先生の専門である、内分泌代謝内科の専門外来と総合診療内科外来を担当して頂きます。

同時に、教育の専門科である芝崎先生が当院に来て頂くことは、私の夢である「地域医療を担う医師を地域で育てる」という目標に大きく前進することになります。さらに、大学とのパイプもより太いものとなるでしょう。


開院の記念に

3月8日は当院の開院記念日です。丸2年が経ちました。記念に玄関前で集合写真を撮りました。あっという間の2年間だった気がします。「秩父病院だより」の表紙にしようと思っています。

a2339@.jpg


病院下の荒川に白鳥が飛来しました。


当院の初期研修医が学会発表を行いました

IMG_0776.jpg

平成25年2月24日(日)に開催された埼玉県医学会総会で2年目の初期研修医の青山純一先生と平田優介先生が初めての学会発表を行いました。

青山先生は私の母校である日本医科大学付属病院所属の初期研修医で、昨年の秋に2ヶ月間、当院で地域医療の研修を行いました。研修期間中に担当医として経験した疾患を『画像検査でfree airを認めた腸管嚢胞性気腫の2症例』の演題で発表しました。(詳細はこちら)   彼は大変落ち着いた態度で、時間厳守、かつ分かり易い発表を行い、座長より「まとまった発表でした」とのお褒めの言葉をいただきました。質問にも堂々と答え、共同縁者で指導医である私の助けもほとんど必要のない程のできでした。

26001.JPG

26002.JPG

 平田先生は埼玉医科大学病院所属で、昨年の秋に青山先生と一緒に1ヶ月、今年の1月に1ヶ月間、当院で研修しました。、青山先生も東京の日本医科大学付属病院への救急車での搬送をも経験していますが、平田先生も多くの高次救急医療機関への転院搬送症例を経験し、その中で特に印象に残ったというか、衝撃を受けたと思われる2症例を発表しました。『地域における高次救急施設での加療を要する重症患者への対応の実情~地域研修を通して感じたこと~』(詳細はこちら)がその演題です。座長の質問が、救急医療体制の中でのヘリ搬送システムについてでありましたので、私が共同演者として「新鮮な感覚をもった研修医が自ら救急車とヘリに同乗し搬送した症例であり、生の地域医療の現場に触れた率直な気持ちを発表したものと思っています」と補足しました。期せずして拍手が沸き起こりました。

26003.JPG

26004.JPG

 私は今このブログの原稿を書きながら満足感に浸っています。その理由は、当院での研修を通じて、若い医師達が地域医療の実態に触れ、それがエネルギーとなり学会発表という形まで至ったこと。さらにこのことは、彼等の長い医師人生の中で必ず何らかの糧になるに違いないという確信を得たからであります。そして嬉しいことは、出身校の異なる彼らが、当院での研修の中で友人となったことであります。

260051.JPG

 医者を長く医者をやっていると、「診療以外にも良いことがあるものだなあ」が今の実感です


新蕎麦が打ちあがりました。

当院jで栽培した赤花蕎麦、昨年初めて収穫、し、年越し蕎麦とした食べましたが、今年は昨年の10倍収穫できました。今年は職員や大勢のお世話になった方達に食べてもらおうと思っています。

農家出身の当院職員が丹念に育て、昨年11月に収穫、天日に干し、昔ながらの方法で、こん棒でたたいてむしろの上で実を落し、趣味仲間の粉屋さんにひいてもらい、当院のナースのお父さんで秩父でも美味しいと評判のそば処『三千乃家』さんのご主人に打ってもらいました。正真正銘、秩父病院の自家製蕎麦です。日本一の蕎麦と思っています。

DSC01464.jpg


冬の風景

秩父と当院の冬の風景を紹介します。

01.jpg

今年は病院も三度雪におおわれました。中庭の風景も白一色。雪がとけ、玄関前に一株だけ福寿草が顔を出しました。

02.jpg

03.jpg

04.jpg

2月12日(火曜日)夕方、荒川の河原で犬を散歩させている時、遠くに幾つかの白い塊を発見しました。なんと白鳥でした。私は秩父で白鳥を見たのは初めてです。翌朝から3日間、朝早く起きて荒川に行き観察しました。2月13日は雪が降り、雪の中で戯れる白鳥を見ることができました。白鳥は一家族と思われ、1羽はやや小さく、羽は少しグレーがかっていました。お父さんとお母さんらしい2羽がいつも先頭で、小さいのはいたずらっぽく、すぐに群れから離れてしまい、親から「ぐわー、ぐわー」と怒られていました。大変ほほえましく、あっという間に時間が過ぎ、三日間は病院を遅刻しました。16日にはいなくなっていましたが、感激の4日間でした。

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

0010.jpg

0011.jpg

 

大滝の巨大つらら

 0012.jpg


私の夢

「秩父の患者さんが、秩父で十分な医療を受けられること」
これは明治20年以来続く、秩父病院創立の志であり、私の夢でもあります。

最近、もうーつ夢ができました。それは、「地域医療を担う医師を地域で育てる」ということです。
私の医師としてのこれかららのライフワ一クとしてやって行こうと思っています。
これは、あまりにも専門化、縦割化した現在の医学教育に危機感を持ったこと、若い医師たちに私のやってきたことを少しでも伝え、残したいと思ったことが理由であります。

「地域医療に役に立つ医師、求められる医師」を自前で育てたいと考えています。

( 秩父病院だより No38>> No39>>
研修医の先生方へ>>


初期および後期研修医の先生方へ

当院は平成24年12月より、後期研修医の募集を開始しました。

当院での研修の特徴は、臨床医として基本的に必要である広範囲で総合的な修練ができることです。

詳細はこちらから>>


121 ~ 129件 / 全129件

プロフィール
秩父病院理事長 花輪 峰夫

秩父病院理事長 花輪 峰夫

人と人との触れ合い医療を実践し、患者さんから信頼され、スタッフが気概を持って、地域に貢献できる病院を目指します。

記事カテゴリー
月別バックナンバー

PAGE TOP

秩父病院